かんちゃん・しょうちゃん 消費税NETでクイズ
応募期限:2019年9月30日

お問合せ はこちらへ  


No 問題 回答欄
01消費税は、正式には「消費税及び地方消費税」といい、2019年3月31日現在、税率は8%ですが、その内訳は、消費税(国税)が「6%」、地方消費税(地方税)が「2%」である。    
022019年10月1日から、消費税(地方消費税を含みます。)の税率が8%から10%に引き上げられるのと同時に、消費税の軽減税率制度が実施されますが、軽減税率は8%である。    
03消費税はこれまでに3%、5%、8%と段階的に税率が引き上げられましたが、この中で、一番長い間、消費税の税率として適用されたのは「5%」である。    
04外国にも日本の消費税と同じ「付加価値税」という税金がありますが、世界で一番付加価値税の税率が高いのは、ヨーロッパにあるスウェーデンの「25%」である。    
05通信販売を利用して外国から100万円の腕時計を購入した場合、日本の消費税が課税される。    
06取引先に対して、現金で祝金を支払った場合、その祝金は消費税の課税対象となる。    
07個人事業者の消費税の課税期間は、1月1日から12月31日までの期間である。    
08日本の平成30年度の一般会計当初予算において、歳入総額97兆7,128億円のうち、消費税の税収は「17兆5,580億円」である。    
09消費税は平成元年4月1日に導入されましたが、その当時の内閣総理大臣は「橋本龍太郎」である。    
102019年10月1日以降、ミネラルウォーターなどの飲料水を購入した場合は軽減税率が適用されますが、「家庭用の水道代」にも軽減税率が適用される。    
11学校で使う教科書には消費税が課税されませんが、「参考書」には消費税が課税される。    
12住宅を購入するとき、建物に係る部分については消費税が課税されますが、住宅を借りたときに支払う「家賃」には消費税が課税されない。    


消費税に関するご意見・ご提案をご記入ください【必須】
 皆さんの「ご意見・ご提案」へは返答は致しませんが、国への意見上程の参考にさせて頂きます。


お名前  
E-Mail よく確認してください
E-Mail(確認のため再入力) カットアンドペーストしないでください


  続けて何度も押さないで下さい

【注意】
1.応募期限の2019年9月30日を過ぎた応募は送信されても、受賞の対象となりません。
2.クイズ成績の優秀な方から抽選で10名に、3千円の図書券を贈ります。
3.正解は、2019年の税を考える週間(11月11日〜17日)の間、この頁で掲示します。